医師紹介

  1. HOME
  2. 医師紹介

院長紹介

ごあいさつ

院長 大竹 宏直 院長 大竹 宏直

父である前院長が昭和48年に開院し、44年間、皆様に支えていただいた「大竹耳鼻咽喉科」を2017年9月より「大竹耳鼻咽喉科・睡眠クリニック」として新築し、リニューアル開院いたしました。

これからは、”耳””鼻””のど””めまい”といった耳鼻咽喉科に関することはもちろんのこと、精密検査入院も可能な正確な睡眠診療、また睡眠医療を通して診療してきました生活習慣病や認知症、片頭痛など、”なんでも相談できる信頼できるクリニック”を目指してまいります。

ご本人はもとより、世代を超えてご家族を継続的に診療する本当の「かかりつけ医」と言っていただける様に、当クリニックもしっかり継承してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

経歴

  • 愛知県刈谷市生まれ
  • 刈谷市立住吉小学校、刈谷市立刈谷南中学校 愛知県立刈谷高等学校 卒業
  • 平成12年〜刈谷豊田総合病院 脳神経外科、耳鼻咽喉科 医員
  • 平成16年〜平成20年 名古屋大学大学院 博士課程 修了
  • 平成20年 名古屋大学 耳鼻咽喉科 病院助手
  • 平成21年 名古屋大学 耳鼻咽喉科 助教
  • 平成22年〜平成24年 耳鼻咽喉科教室 医局長 兼務
  • 平成26年〜名古屋大学 睡眠医学寄附講座 准教授/講座長
  • 平成29年 大竹耳鼻咽喉科・睡眠クリニック 開院
  • 豊田自動織機 産業医(嘱託)

認定・資格

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
  • 日本睡眠学会 専門医
  • 日本めまい平衡医学会 めまい相談医
  • 日本認知症予防学会 認知症予防専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
  • 厚生労働省 補聴器適合判定医
  • 厚生労働省 騒音性難聴担当医
  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本医師会 認定スポーツ医
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター
  • 身体障害者診断書(聴覚・平衡機能) 指定医

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本小児耳鼻咽喉科学会
  • 日本睡眠学会
  • 日本認知症予防学会
  • 日本めまい平衡医学会
  • 日本頭痛学会 他
  • 日本成人病生活習慣病学会

業績

講演

  • 平成29年3月5日 刈谷歯科医師会 第2回学術講演会
    「睡眠呼吸障害診療のための基礎と臨床」
  • 平成28年6月11日 第70回 日本交通医学会総会 基調講演
    「睡眠障害の最新知見」
  • 平成28年1月30日 第4回東海難治性疾患耳鼻咽喉科研究会
    「耳鼻咽喉科としての睡眠障害への関わり」
  • 平成27年10月2日 日進市委託事業「生活を楽しくするヒント満載教室」
    「様々な睡眠障害とその対処法」
  • 平成27年9月28日 北海道 八雲町 健診事業 
    「睡眠四方山話〜睡眠に関する色々な病気について〜」
  • 平成27年3月19日 第14回 東海骨・関節疾患研究会
    「現代社会における睡眠医療の必要性 ~様々な睡眠障害を通して~」
  • 平成27年4月4日 愛知県耳鼻咽喉科 合同研修会
    「高齢者への対応

高齢者の睡眠呼吸障害」
  • 平成27年 2 月 22 日 日本女性薬剤師会 研修講座
    「多彩な睡眠障害とその治療」
  • 平成26年12月6日 第10回 鶴舞公開講座
    「1日の始まりはどこから?
 〜明日のための今日の睡眠〜」
  • 平成26年11月30日 中信耳鼻科医会学術講演会
    「耳鼻咽喉科医としての睡眠障害診療」
  • 平成26年11月22日 かかりつけ医のための不眠診療セミナー
    「かかりつけ医のための不眠診療のコツ」
  • 平成26年7月4日 第39回日本睡眠学会 シンポジウム
    「高齢者における睡眠呼吸障害・睡眠障害の現状と課題

耳鼻咽喉科における高齢者の睡眠呼吸障害」
  • 平成26年2月13日 第60回 愛知県耳鼻咽喉科手術手技懇話会
    「睡眠時無呼吸に対する手術療法:口蓋垂軟口蓋咽頭形成術」

論文

  1. Fujishiro H, Otake H, et.al  REM sleep without atonia in middle-aged and older psychiatric patients and Lewy body disease: a case series. Int J Geriatr Psychiatry. 2016 Apr 24.
  2. Yasue M, Otake H, et.al. Prevalence of Sinusitis Detected by Magnetic Resonance Imaging in Subjects with Dementia or Alzheimer's Disease. Curr Alzheimer Res. 2015;12(10):1006-11
  3. Suga K, Otake H, et.al Changes in endolymphatic hydrops in patients with Ménière's disease treated conservatively for more than 1 year. Acta Otolaryngol. 2015
  4. Ito S, Otake H, et.al  Obstructive sleep apnea syndrome in a pubescent boy of short stature was improved with an orthodontic mandibular advancement oral appliance: a case report.. J Clin Sleep Med. 2015 Jan 15;11(1):75-6.
  5. Nakada T, Otake H, et.al  Endolymphatic space size in patients with vestibular migraine and Ménière's disease.. J Neurol. 2014 Nov;261(11):2079-84.
  6. Suzuki H, Otake H, et.al  Numerical assessment of cholesteatoma by signal intensity on non-EP-DWI and ADC maps. Otol Neurotol. 2014 Jul;35(6):1007-10.
  7. Otake H, Nakashima T et.al  Antimicrobial prophylaxis in tonsillectomy: the efficacy of preoperative single-dose oral administration of azithromycin in preventing surgical site infection. Acta Otolaryngol. 2014 Feb;134(2):181-4.
  8. Sone M, Otake H, et.al Evaluation of vascular activity in otosclerosis by laser Doppler flowmetry: comparison with computed tomographic densitometry. Otol Neurotol. 2013 Dec;34(9):1559-63.
  9. Shimono M, Otake H, et.al Endolymphatic hydrops revealed by magnetic resonance imaging in patients with acute low-tone sensorineural hearing loss. Otol Neurotol. 2013 Sep;34(7):1241-6.
  10. Uchida Y, Otake H, et.al. Endothelin-1 gene polymorphism in sudden sensorineural hearing loss. Laryngoscope. 2013 Nov;123(11):E59-65.
  11. Teranishi M, Otake H , et.al Polymorphisms in genes involved in the free-radical process in patients with sudden sensorineural hearing loss and Meniere's disease. FREE RADICAL RESEARCH  47 : 498-506 2013
  12. Huang Y, TOtake H , et.al Association Between Polymorphisms in Genes Encoding Methylenetetrahydrofolate Reductase and the Risk of Meniere's Disease. JOURNAL OF NEUROGENETICS 27: 5-10 2013
  13. Iida T, Otake H,  et.al  Magnetic resonance imaging of the inner ear after both intratympanic and intravenous gadolinium injections. ACTA OTO-LARYNGOLOGICA  133 : 5 434-438 2013. 
  14. Naoki Nishio, Hironao Otake, et.al Polymorphisms in genes encoding aquaporins 4 and 5 and estrogen receptor α in patients with Ménière's disease and sudden sensorineural hearing loss. Life Sciences Volume 92, Issue 10, 21 March 2013, Pages 541–546
  15. Kato M, Otake H, et.al Endolymphatic hydrops revealed by magnetic resonance imaging in patients with atypical Meniere's disease. Acta Otolaryngol. 2013 Feb;133(2):123-9.
  16. Kato K, Otake H, et.al Progressive hearing loss following acquired cytomegalovirus infection in an immunocompromised child. Am J Otolaryngol. 2013 Jan-Feb;34(1):89-92.
  17. Tagaya M, Otake H, et.al. Relationship between adenoid size and severity of obstructive sleep apnea in preschool children. Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2012 Dec;76(12):1827-30.
  18. Tagaya M, Otake H, et.al Children with severe or moderate obstructive sleep apnoea syndrome show a high incidence of persistence after adenotonsillectomy. Acta Otolaryngol. 2012 Nov;132(11):1208-14. doi: 10.3109/00016489.2012.695088. Epub 2012 Oct 1.
  19. Yoshida T, Otake H, et.al Intratympanic injection of dexamethasone for treatment of tinnitus in patients with sudden sensorineural hearing loss. Audiology research,  2, 2012.
  20. Kato K, Otake H, et.al Peak Width in Multifrequency Tympanometry and Endolymphatic Hydrops Revealed by Magnetic Resonance Imaging. Otology & Neurotology 2012;33(6).
  21. Nishio N, Otake H, et.al Contribution of complement factor H Y402H polymorphism to sudden sensorineural hearing loss risk and possible interaction with diabetes. Gene 2012;499(1).
  22. Sone M, Otake H, et.al Comparison of computed tomography and magnetic resonance imaging for evaluation of cholesteatoma with labyrinthine fistulae. Laryngoscope 2012;122(5).
  23. Teranishi M, Otake H, et.al Polymorphisms in Genes Involved in Oxidative Stress Response in Patients with Sudden Sensorineural Hearing Loss and Meniere's Disease in a Japanese Population. DNA Cell Biol 2012.
  24. Hiramatsu M, Otake H, et.al Polymorphisms in Genes Involved in Inflammatory Pathways in Patients with Sudden Sensorineural Hearing Loss. J Neurogenet 2012.
  25. Tagaya M, Otake H, et.al  Morphological features of elderly patients with obstructive sleep apnoea syndrome: a prospective controlled, comparative cohort study. Clinical Otolaryngology 2011;36(2).
  26. Furuta T, Otake H, et.al Association of interleukin-1 gene polymorphisms with sudden sensorineural hearing loss and Meniere's disease. International Journal of Immunogenetics 2011;38(3).
  27. Tagaya M, Otake H, et.al Endolymphatic hydrops and blood-labyrinth barrier in Meniere's disease. Acta Oto-Laryngologica 2011;131(5).
  28. Nakashima T, Otake H, et.al Endolymphatic hydrops revealed by intravenous gadolinium injection in patients with Meniere's disease. Acta Oto-Laryngologica 2010;130(3).
  29. Tagaya M, Otake H, et.al 3 Tesla magnetic resonance imaging obtained 4 hours after intravenous gadolinium injection in patients with sudden deafness. Acta Oto-Laryngologica 2010;130(6).
  30. Yamamoto M, Otake H, et.al Relationship between the Degree of Endolymphatic Hydrops and Electrocochleography. Audiology and Neuro-Otology 2010;15(4).
  31. Iwata T, Otake H, et.al Anatomy-based surgery to remove thyroglossal duct cyst: two anomalous cases. Journal of Laryngology and Otology 2010;124(4).
  32. Otake H, Nakashima T, et.al Cochlear blood flow during occlusion and reperfusion of the anterior inferior cerebellar artery - effect of topical application of dexamethasone to the round window. Acta Oto-Laryngologica 2009;129(2).
  33. Teranishi M, Otake H, et.al 3D computerized model of endolymphatic hydrops from specimens of temporal bone. Acta Oto-Laryngologica 2009;129.
  34. Naganawa S, Otake H, et.al  Endolymphatic Hydrops of the Labyrinth Visualized on Noncontrast MR Imaging: A Case Report. Magnetic Resonance in Medical Sciences 2009;8(1).
  35. Sato E, Otake H, et.al Effect of an enlarged endolymphatic duct on bone conduction threshold. Acta Oto-Laryngologica 2008;128(5).
  36. H.Otake, T.Nakashima et.al 3D-FLAIR magnetic resonance imaging in the evaluation of mumps deafness. Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 2006 Dec;70(12):2115-7.
  37. 宮田聖子, 野田明子, 大竹宏直 技師のためのPSG Q&A 心房細動と睡眠呼吸障害 睡眠医療 7:272-275、2013
  38. 今井圓裕, 大竹宏直, 他 やさしい慢性腎臓病の自己管理 改訂3版 IgAjinnsyouto 扁桃摘出療法 42-44,2012年5月20日刊行
  39. 大竹宏直, 中島務. 急性感音難聴. JOHNS 28巻12号1935-1940(2012.12)2012.
  40. 大竹宏直, 中田誠一, 加藤賢史, et al. マイクロデブリッダー使用によるアデノイド切除術の検討 従来法との比較. 耳鼻咽喉科展望 2011;54(5):369-71.
  41. 大竹宏直, 中島務. 【耳鼻咽喉科感染症の完全マスター】 診断・治療をマスターする 内耳炎. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 2011;83(5):229-34.
  42. 中島務, 曾根三千彦, 寺西正明, 加藤 健, 大竹 宏直, 吉田 忠雄, 鈴木 宏和 et al. 【鼓室内注入療法で感音難聴は治るか?】 MR画像からみた鼓室内薬剤投与療法の評価. Otology Japan 2011;21(2):161-7.
  43. 大竹宏直, 中島務. 【予防医学からみた耳鼻咽喉科臨床】 予防医学からみた気圧外傷による難聴. JOHNS 2009;25(12):1734-7.
  44. 杉浦 彩子, 水野 照和, 大竹 宏直, 中島 務, 木村 宏 先天性CMV感染症によると考えられた進行性難聴の1例 Herpes Management (1345-7799)10巻2号2006.12

医院概要ACCESS

診療科目
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・頭頸部内科・
アレルギー科・睡眠時無呼吸症候群(いびき)
住所
〒448-0857
愛知県刈谷市大手町1丁目41番1
  • お問い合わせ
  • 0566-23-3341
診療時間
09:00-12:00
15:30~19:00

◎:前院長診療日、△:午前8:00~12:00 /木曜午後、土曜午後・日曜祝日は休診

Calendar Loading

…休診 …午後休診 …その他

WEB診療予約 当日の順番、待ち人数もこちらから確認できます

WEB診療予約 スマホ対応WEB診療予約スマホ対応