子どもの耳鼻科

  1. HOME
  2. 診療案内
  3. 子どもの耳鼻科

子どもの耳鼻科

  • 風邪をひいた!
  • 耳を気にしてよく触る
  • 鼻水がよく出る、よく鼻がつまっている
  • 口がぽかーんと開いたままになっていることが多い
  • 扁桃腺が腫れて熱がよく出る

子どもは大人に比べて、耳と鼻をつなぐ「耳管」が短いのが特徴です。
また扁桃腺が腫れて、高熱が続く…ということもよくあります。

子どもは病気にかかりやすく、悪化しやすいのですが、治りやすいのも特徴です。
早めに治療をして、慢性化させないことが大切です。
当院ではお子さんの風邪や耳鼻のどの病気も、積極的に診療しておりますので、お気軽にご相談ください。

キッズコーナー

先生

こどものおもちゃ

当院が大切にしていること

当院では、診察時に、お子さんの鼻水をしっかり取り除くための処置を重視しています。
なぜなら、耳と鼻はつながっているので、細菌のかたまりである鼻水をしっかりと取ってあげることが、中耳炎や鼻炎の難治化(治りにくくなること)を防ぐことにつながるからです。

当院が大切にしていること

特に小さい子どもにとって、自分で鼻をかんだり、たんをきったりするのは難しいことです。
鼻がつまって口呼吸になると、のどが乾燥して、菌が繁殖しやすくなります。鼻水をしっかり取り除くことで、子どもの「自分で治そうとする力」をサポートできますので、鼻吸いだけでも、ぜひいらしてください。

ただ、鼻汁吸引は少し痛みのある処置でもあるので、できるだけ痛みを感じさせないように、スピーディーに、処置のあとは、すっきりと鼻呼吸ができるような処置を目指しています。
おくすりに関しては、当院では普段から抗生剤は出さないようにしています。
しかし、必要時は(溶連菌感染症、中等度以上の中耳炎、粘稠性の鼻水、マイコプラズマ感染症疑いなど)は、ガイドラインに準拠して処方しています。

こんな症状・処置もおまかせください

  • 鼻水を吸ってほしい
  • 耳あか取り
  • アレルギー検査をしてほしい
  • いびきをかくので調べてほしい

「この程度のことで来ていいのかしら」と言われることがありますが、どれも保険診療と認められている医療行為です。おうちでうまくできずに困っている、どうしようと心配されていることがありましたら、ぜひご来院ください。

子どもの風邪は小児科?耳鼻科??

子どもの風邪は小児科?耳鼻科??

小児科を受診するか、内科を受診するか悩む、というお話を伺います。
耳鼻科医の立場からしますと、特に鼻水の症状が強い場合は、耳鼻科に来ていただくと安心です。

  • 風邪などをきっかけになる中耳炎を、早く発見・早く治療できる
  • 鼻水を吸い出してあげたり、ネブライザーでのどの炎症を抑えたりできる
  • ついでに、ご家庭では取りにくい耳あかを取れる

せきは鼻水が原因になるものと、肺(気管支)が原因になるものがあり、難しいかもしれません。判断に困る場合は、遠慮なく受診してください。
たいていは当院で対応可能ですが、どうしても当院では診断や処置が難しい場合は、近隣の小児科さんや病院をご紹介いたします。

当院には、キッズスペースもありますし、ゆっくりと楽しく待っていただけると思います。
私も子どもをもつ親として、おうちの方の気持ちにたった診療をしたいと考えています。
どうぞお気軽にご相談ください。

医院概要ACCESS

診療科目
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・頭頸部内科・
アレルギー科・睡眠時無呼吸症候群(いびき)
住所
〒448-0857
愛知県刈谷市大手町1丁目41番1
  • お問い合わせ
  • 0566-23-3341
診療時間
09:00-12:00
15:30~19:00

◎:前院長診療日、△:午前8:00~12:00 /木曜午後、土曜午後・日曜祝日は休診

Calendar Loading

…休診 …午後休診 …その他

WEB診療予約 当日の順番、待ち人数もこちらから確認できます

WEB診療予約 スマホ対応WEB診療予約スマホ対応